Sky Brothers Zords and Sky Gosei Great Megazord Debut Fight | Power Rangers Official | 天裝戰隊護星者

Sky Brothers Zords and Sky Gosei Great Megazord Debut Fight | Power Rangers Official


In addition to reading this article, you can also view other useful information. We offer more here: View more

Power Rangers Megaforce Episode 5 Megazord Fight. Sky Gosei Great Megazord vs Beezara.
Red and Pink Rangers unlock the Sky Brothers (Zords). The Power Rangers combine the Sky Brothers and Mechazords to form the Sky Megazord for the first time.
This scene is from Power Rangers Megaforce \”United We Stand\” Episode. .
PowerRangers GoGoPowerRangers Hasbro
Subscribe for More Power Rangers: http://bit.ly/PROfficialSUB
Shop for Power Rangers here: http://www.powerrangers.com
Facebook: http://www.facebook.com/powerrangers
Instagram: http://www.instagram.com/powerrangers
Twitter: http://twitter.com/PowerRangers
Allnew episodes of Power Rangers Beast Morphers air on Nickelodeon.
GO GO POWER RANGERS! Welcome to the OFFICIAL POWER RANGERS YOUTUBE CHANNEL!
Watch all your favourite Power Rangers series here!
Power Rangers Beast Morphers Season 1 \u0026 2
Mighty Morphin Power Rangers: ReVersioned
Power Rangers Ninja Steel
Power Rangers Super Ninja Steel
Power Rangers Dino Charge
Power Rangers Dino Super Charge
And many more!!!
Welcome to Power Rangers Official, the home of all the best and newest Power Rangers content! In this fun and safe environment enjoy clips and compilations from some of your favourite classic Power Rangers seasons, as well as exciting BRAND NEW exclusive content!
Expect; brand new and exclusive content from Power Rangers Beast Morphers Season 2; amazing compilations of all your favourite Beast Morphers moments; crazy ninja skills from Power Rangers Ninja Steel; roarsome clips from Power Rangers Dino Charge and so much more!
The channel features content from:
Mighty Morphin Alien Rangers
Power Rangers Zeo
Power Rangers Turbo
Power Rangers in Space
Power Rangers Lost Galaxy
Power Rangers Lightspeed Rescue
Power Rangers Time Force
Power Rangers Wild Force
Power Rangers Ninja Storm
Power Rangers Dino Thunder
Power Rangers S.P.D.
Power Rangers Mystic Force
Power Rangers Operation Overdrive
Power Rangers Jungle Fury
Power Rangers RPM
Mighty Morphin Power Rangers (reversion)
Power Rangers Samurai
Power Rangers Super Samurai
Power Rangers Megaforce
Power Rangers Super Megaforce
Power Rangers Dino Charge
Power Rangers Dino Super Charge
Power Rangers Ninja Steel
Power Rangers Super Ninja Steel
Power Rangers Beast Morphers
So get ready you crazy ninja kids for some morphing fun with the Power Rangers!!!!!

Sky Brothers Zords and Sky Gosei Great Megazord Debut Fight | Power Rangers Official

天装战队护星者goseige


天装战队护星者goseige

仮面ライダー龍騎(2002) Cast Then and Now


ドラマ「仮面ライダー龍騎」から19年が経ちましたが、今では記憶に残っている古典的なキャラクターはどうなっていますか?視聴した後は、このチャンネルを気に入ってチャンネル登録することを忘れないでください。ありがとうございました。
私をチャンネル登録するには、ここをクリックしてください:https://pse.is/vcpyu
?Chapters章節 :
0:00 片頭
0:14 城戸真司 須賀貴匡
0:30 秋山蓮 松田悟志
0:46 須藤雅史 木村剛
1:02 北岡秀一 涼平(小田井涼平)
1:18 手塚海之 高野八誠
1:34 芝浦淳 一條俊
1:50 浅倉威 萩野崇
2:06 東條悟 高槻純
2:22 佐野満 日向崇
2:38 霧島美穗 加藤夏希
2:54 高見沢逸郎 黒田アーサー
3:10 仲村創 水野純一
3:26 香川英行 神保悟志
3:42 神崎優衣 杉山彩乃(藤沢あやの)
3:50 神崎士郎 菊地謙三郎
3:58 由良吾郎 弓削智久
4:06 大久保大介 津田寛治
4:14 桃井令子 久遠さやか
4:22 島田奈々子 栗原瞳
4:30 浅野めぐみ 森下千里
4:38 神崎沙奈子 角替和枝
4:46 片尾
【ドラマ紹介】
『仮面ライダー龍騎』(かめんライダーりゅうき、欧文表記:MASKED RIDER RYUKI)は、2002年(平成14年)2月3日から2003年(平成15年)1月19日までテレビ朝日系列で、毎週日曜08:00 08:30(JST)に全50話が放映された東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
「平成仮面ライダーシリーズ」第3作である。キャッチコピーは「戦わなければ生き残れない!」。
【概要】
本作品は、平成仮面ライダーシリーズとしては作中で初めて「仮面ライダー」の言葉を用いた。設定や世界観に重きを置いた前2作とは趣を変え、「13人の仮面ライダーが自らの望みを叶えるために最後の1人になるまで殺し合い続ける」という人間同士の競争、それに付随する人間関係の描写を重視した作品になっている。
ライダー同士の戦いという破天荒なシチュエーションを採用、さらにはカードゲームの要素を取り入れたバトル方法を取り入れている。放送開始後は、ライダーが自身の欲望のために他のライダーと殺し合うというストーリーや、悪役であっても正式に「仮面ライダー」を名乗るという設定が、「子供番組としては不適切である」という意見も新聞投稿などに見られた。
【評価】
本作品の斬新な設定は中高年の消費者層から強い反発を受けたものの、主要視聴者である男子児童向けの商品展開は成功を収めた。キャラクター商品売り上げは、前作を大きく上回る139億円を記録し、2009年度の『電王』までのライダー売上に抜かれるまで、平成ライダーシリーズ史上最も高い実績を残していた。
本作品こそが、平成仮面ライダーシリーズの長期化を決定付けた作品といわれる。
白倉は十数年後のインタビューで「特撮番組自体が龍騎以前・以後に区分していいくらい、龍騎の存在が転機となった」と語っている。
【企画の経緯】
現在でこそ「平成仮面ライダーシリーズ」の第3作に位置づけられているが、当時はまだシリーズという意識はなく、『仮面ライダークウガ』や『仮面ライダーアギト』の2作で終了して仮面ライダー以外の作品を製作予定だった。このころに出された案として『仮面ライダー』の企画原型の一つである『クロスファイヤー』をモチーフとした騎士ヒーローの企画があり、これが本作品の原型となっている。しかし、仮面ライダーが大きな盛り上がりを見せていることを重視し、やはり仮面ライダーを制作しようという方向で話が決まった。
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて、テレビ局側は『クウガ』や『アギト』のように複雑ではなく、善悪の別が明瞭なヒーローものを作って子供たちに本当の正義を教えようというコンセプトを企画側に要求した。しかし白倉伸一郎プロデューサーは局の意向を察した上で、意図的に曲解した応えを返した。「子供たちに本当の正義を教えたい」と言うからには、子供たちの信じている正義は偽物で番組制作者は本物を知っていると主張するに等しくなってしまうためである。
白倉は前作『アギト』でも複数の主役を配置することで「それぞれの立場の正義」を描こうとしたが、視聴者がはじめから結論づけている「仮面ライダーは正義」という意識を打ち壊すには至らなかった。そこで、本作品では視聴者が受容できないほど多くの仮面ライダーを投入し、規定の結論を覆そうとしたのである。
メインスポンサーであるバンダイからも『クウガ』や『アギト』とはガラリと変えたいという要望があり、デザインや設定なども従来の仮面ライダーシリーズとは大きく異なる斬新なアイディアが数多く取り入れられていった。
このように、従来の仮面ライダーシリーズにはありえない設定を盛り込んでいるため、外伝という意味を込めて作品名に『龍騎』と漢字が用いられた。
【13人の仮面ライダー】
『アギト』での多人数ライダーの路線をさらに推し進めた。これは視聴者の固定観念を壊そうという試みの一端でもある(企画の経緯節を参照)。当初は50人のライダーを登場させるという案もあった。
13という人数は、石ノ森章太郎の原作漫画版『仮面ライダー』の本郷猛対ショッカーライダーの回を彷彿とさせる。白倉は原作漫画版を意識していないと述べているが、石森プロの早瀬マサトは意識したと述べている。
13人のライダーとはあくまで作品内のルールであり、当初からその全員を登場させる予定ではなかった。例えば、劇中では実際に仮面ライダー王蛇が仮面ライダーガイと仮面ライダーライアを倒しているが、初期案ではガイとライアは登場せずにはじめから王蛇が「既に2人を倒したライダー」として現れる構想だった。
オープニング映像でのカードを持つ顔を隠した人々が映る描写は、「誰でも仮面ライダーになる可能性がある」ということを示している。
【悪の仮面ライダー】
本作品の仮面ライダーは、それぞれの願いを叶えるために戦う者たちであり、従来のような「正義の味方」ではない。中にはライダーの力で犯罪行為を働く者もいる。悪人がライダーに変身する展開には反発があり、特に脱獄犯という設定の仮面ライダー王蛇 = 浅倉威に関しては苦情が殺到した。しかし、少女との特殊な関係を描いた第31・32話が放映されると、浅倉関連のクレームは一切来なくなったという。
脚本を担当した小林靖子は、2012年のインタビューで「ライダーが犯罪者とか死んでしまうというのは今じゃできないし、『龍騎』当時だからできたことですね」と述懐。
監督の田﨑竜太は、「同族争い」という要素は『仮面ライダー』や『人造人間キカイダー』など石ノ森の作品世界に近い設定と述べている。
悪人でも変身できる本作品の仮面ライダーには、肉体にも精神にもヒーローたるべき必然性はない。彼らは任意の契約によって変身者としての資格を得たのであり、そこには運命も精神的外傷も関係せず、自己決定の論理だけが存在する。仮面ライダーシリーズにおける変身の概念は、本作品で提示された「契約」を経て、次作『仮面ライダー555』の「ベルトさえ所持していれば誰でも変身できる」という表現に続いていくことになる。
【カードバトル】
本作品の仮面ライダーたちは、戦闘能力を発揮する際に「アドベントカード」と呼ばれるカードを使用する。この「人間とモンスターがカードを使って契約する」という設定は、前作における初期案である。
『アギト』の商品展開がその前年の『クウガ』を継承したものだったので、本作品では趣向を変えるためにバンダイとプレックスとで合宿を行った結果、『遊☆戯☆王』に代表されるカードバトルを活かそうという案が生まれた。カードは安価なので出版物やソーセージなど様々なものに付録して展開しやすく、それまでにない成果を上げることができた。商品のカードには穴が空いているために曲がってしまいやすかったが、100円のカードダスで補充が容易な点がある種の問題解決となった。
変身ベルトのような高額商品に、安価でコレクション性の高いカードのようなアイテムを加えて商品層に厚みを出す手法は大成功を収め、以後の平成仮面ライダーシリーズにおける多アイテム化路線に繋がった。
演出面では、カード使用を経ることでライダーの武器がファンタジックな物となり、過度に殺伐とすることを防ぐ効果があった。
【最終回前に死亡する主人公】
主人公の城戸真司は、最終回前話の第49話でモンスターから少女を庇って致命傷を負い、敵の駆逐後に力尽きて息を引き取っている。こうした挑戦的な部分も「本作品は外伝」という意識があったため、制作側が抵抗を覚えることなく実行できた。
真司の最期の独白に説得力を持たせるためには、人の死が痛々しく汚らわしいものであると表現することが必要だった。彼の最期に際しては明確に流血が描写され、寄りかかった車の白い色がそれをさらに際立たせている。
【あらすじ】
西暦2002年。人間が忽然と失踪する事件が連続発生していた。真相を追うネットニュース配信社OREジャーナルに所属する見習い記者の城戸真司は、失踪者の部屋を取材中、奇妙なカードデッキを発見。その力で仮面の戦士に変身した真司は、鏡の中の世界に迷い込み、自分と同じような仮面の戦士がモンスターと戦っている光景を目撃する。
現実世界への帰還を果たした真司は、もう1人の仮面の戦士である秋山蓮や、彼と行動をともにしている神崎優衣から、連続失踪事件はミラーワールドに住むミラーモンスターによる捕食であること、仮面の戦士はミラーモンスターの力を行使できる超人仮面ライダーであることを知らされた。真司は、蓮が変身する仮面ライダーナイトと同じようにミラーモンスターと契約したことで、正式な仮面ライダー龍騎となり、ミラーモンスターから人々を守るために戦っていく。
仮面ライダーは全部で13人いるが、それぞれの目的のために、最後の1人になるまで戦わなければならない宿命にあった。
真司と蓮は、優衣の説得もあって共闘しながら、ミラーモンスターと戦っていく。だが、同時にライダーバトルは混迷を極めていく。
須賀貴匡 松田悟志 杉山彩乃 菊地謙三郎 小田井涼平 弓削智久 萩野崇 木村剛 高野八誠 一條俊 高槻純 日向崇 津田寛治 久遠さやか 栗原瞳 森下千里 角替和枝 水野純一 神保悟志 加藤夏希 黒田アーサー

仮面ライダー龍騎(2002) Cast Then and Now

炎神戦隊ゴーオンジャー(2008) Cast Then and Now


ドラマ「炎神戦隊ゴーオンジャー」から12年が経ちましたが、今では記憶に残っている古典的なキャラクターはどうなっていますか?視聴した後は、このチャンネルを気に入ってチャンネル登録することを忘れないでください。ありがとうございました。
私をチャンネル登録するには、ここをクリックしてください:https://pse.is/vcpyu
?Chapters章節 :
0:00 片頭
0:14 江角走輔 古原靖久
0:38 香坂連 片岡信和
1:02 楼山早輝 逢沢りな
1:26 城範人 碓井将大
1:50 石原軍平 海老澤健次
2:14 須塔大翔 徳山秀典
2:38 須塔美羽 杉本有美
3:02 害水大臣ケガレシア 及川奈央
3:26 片尾
【ドラマ紹介】
『炎神戦隊ゴーオンジャー』(エンジンせんたいゴーオンジャー)は、2008年2月17日から2009年2月8日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜07:30 08:00(JST)に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。
ハイビジョン制作(地上アナログ放送ではレターボックス放送)、字幕放送。また、地上デジタル放送とワンセグではスーパー戦隊シリーズとしては初めて番組連動データ放送を実施した。
キャッチコピーは、「マッハ全開で突っ走る俺たちの合言葉は \”ゴーオン!\” 」。
【概要】
本作品のモチーフはスーパー戦隊シリーズでも度々採用されてきた自動車であるが、本作品では乗り物と動物の両方の特性を併せ持った、意思を持つ機械生命体炎神(えんじん)として描かれており、この炎神と人間たちの物語も、本作品の重要な部分を占めている。玩具展開においても、炎神の魂が入っているという設定の炎神ソウルがなりきり玩具とロボット玩具共用の音声ユニットとして発売され、劇中描写と相まって人気となった。この炎神ソウルは、玩具売場のみならず食玩・ガシャポン・雑誌付録など多方面に展開するというビジネスモデルを確立し、以後のスーパー戦隊シリーズのみならず『仮面ライダーW』のガイアメモリなどの音声連動アイテムに継承された。
単純明快な「勧善懲悪」の展開が志向された。ストーリーは、明快な人間関係やエピソードのわかりやすさを重視し、設定を掘り下げることよりも、時に力技を用いても瞬時に物事を解決してゆくスピード感が強調されている。東映プロデューサーの日笠淳は、主人公側を明るく前向きに表現することを心がけた結果、それが視聴者にも受け入れられ加速し、敵側までも引っ張られる結果になったことを語っている。
放送開始に先駆け、2007年12月30日放送の特番『クレヨンしんちゃん\u0026ドラえもん! 朝からどドーンと150分SP』にて、番組中で野原しんのすけと共演する形で本作品の映像や、オープニングソングの一部が初めて披露されたほか、従来は放送開始1、2週間前に行われるプレミア発表会も放送約1カ月前に前倒しされた。
オープニングのタイトルコールおよび本編における名乗りは「ゴー!! オンジャー!」と途中で区切る形になっている。
次作の『侍戦隊シンケンジャー』からビデオ撮影(デジタルシネマカメラ「レッド・ワン」を使用)に移行したため、本作品は戦隊シリーズ、そして一般のテレビ放送の作品としては事実上最後のフィルム撮影の作品となった。
玩具売り上げは120億円となり、前年度の77億円から大幅に回復した。
設定
グリーンとブラックは一話から登場したことから基本的には初期メンバーとして扱われているものの、ストーリー展開上他の3人から少し遅れてゴーオンジャーに加入しているほか、本編終盤でも「押しかけメンバー」であるというセリフが使用されており、追加戦士の側面も持っていた。また、巨大ロボを構成する炎神や、腕と脚の装飾およびベルトといったスーツの細部デザインや変身アイテムなど、主に玩具展開に関わる部分でレッド・ブルー・イエローの3人との間に微妙な差異が設けられている。また物語中盤で登場するゴーオンウイングスは兄妹のチームであり、シリーズ初の女性の追加戦士が登場した。加入後は「7人戦隊」という構成になる。
変身のプロセスはボディにスーツが装着された後に空中に出現したマスクをかぶるメットオンという演出で、スーツとマスクが別パーツであることを明示。これにより過去の戦隊シリーズ作品と比べ、変身後のゴーオンジャーがマスクを脱いで変身前の俳優が顔出しで出演するシーンが頻繁に見られた。スーツもスーツアクター用のものとは別に俳優用のものも制作された。ゴーオンジャーを演じた7人は最終回のAパートの約半分を顔出しで演じている。
演出
監督の渡辺勝也は武上純希による脚本をアニメ寄りの組み立て方であったと評しており、前作とは大きく変えたいという日笠の意向があったものと推測している。
本作品ではシリーズ初となるアニメーションのアイキャッチが使用された。炎神5体によるレースで、Aパート終了後にレースが始まり、Bパート開始前に結果が分かる。GPFINALでは全員が同時にゴールした。アイキャッチをクイズ形式とするのは日笠の提案によるものであった。
また、本作品では従来使われていた本編終了時の「つづく」などにあたるテロップは使用されていない。
近年の戦隊シリーズにおいて導入されているエンディングテーマ終了後のミニコーナーも踏襲されており、本作品ではゴーオンジャー(後にゴーオンウイングスも加わる)が番組内での疑問に答える「ゴーオンゼミナール」が放映された。前作までと異なり、質問の後にCMと次回予告を挟んで解答が明かされる2部構成となっており、一部の話数ではガイアークの三大臣や雷々剱、獄々丸がこのコーナーを乗っ取る形で「ガイアークゼミナール」、「サムライゼミナール」が放映されたこともある。
【あらすじ】
意思を持ち、言葉を話す乗り物型の機械生命体「炎神」。彼らが住む異世界・マシンワールドでは、汚れた環境を好み公害を撒き散らそうとする機械生命体「蛮機族ガイアーク」が猛威を振るっていた。勇敢な炎神・スピードルたちが戦い勝利を果たしたものの、ガイアークたちは別の世界へと逃亡していった。
それから半年後。人間たちが暮らす地球=ヒューマンワールドにガイアークが出現。次々と地球の大気を汚していくガイアークの前に、3人の若者が立ちはだかる。彼らこそ、ガイアークを追ってヒューマンワールドへやって来た炎神とともに戦う正義の味方、炎神戦隊ゴーオンジャーだった。
そんなゴーオンジャーたちの姿を見た2人の若者もまた、ガイアークと戦う決意をする。紆余曲折を経て5人となったゴーオンジャーは、気持ちも新たにガイアークと戦っていく。
【世界観】
本作品の世界観にはブレーンワールドの概念が取り入れられており、ヒューマンワールドやマシンワールドをふくめ、全部で11の次元が膜のように並列に存在することがボンパーによって語られている。またこれとは別に、走輔の妄想の中に現れたスピードルが語った世界として「エンジェルワールド」の名称も登場している。本作品の敵は後述のガイアークに限らず、他のブレーンワールドから来るものも存在し、中にはガイアークにとっても脅威である者もいる。
ヒューマンワールド
物語の主な舞台。かつて恐竜が生息していたころは「ダイナワールド」と呼ばれていたが、ホロンデルタールと呼ばれる古代の蛮機族によって滅ぼされたとされる。
マシンワールド
炎神やガイアークなどの機械生命体の住まう世界。劇中に登場した惑星では高速道路のような道が一般歩道として機能している。
ジャンクワールド
ガイアークが所有する廃棄物だらけの世界。魔女博士オーセンが住んでいる。
サムライワールド
日本の江戸時代に似た世界で、『BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!』の舞台にもなった。伐鬼や晴之助・照之助兄弟など、テレビシリーズ本編にもこの世界出身の者がたびたび登場した。
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー』にも登場。
サウンドワールド
音の溢れる世界で、ロムビアコと呼ばれる生物が生息していた。後にヨゴシマクリタインらによって滅ぼされたことが語られている。
ストーミーワールド
無数の竜巻と高波が渦巻く世界で、ワメイクルと呼ばれる生物が生息する。
マジックワールド
魔法の世界。劇中ではこの世界より魔法の書と杖が飛来した他、ヨゴシマクリタインらによって滅ぼされたことが語られている。
プリズムワールド
ヨゴシマクリタインらによって滅ぼされたとされるブレーンワールドのひとつ。劇中では名称が語られるのみに留まっている。
クリスマスワールド
サンタクロースの住まう世界。劇中では毎年クリスマスになるとこの世界よりサンタクロースがヒューマンワールドに飛来するとされる。
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー』で登場。詳細は侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!を参照。
グラスワールド
GPFINALにおいて、名称のみ明らかにされたブレーンワールド。
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー』で登場。詳細は侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!を参照。
ガンマンワールド
GPFINALにおいて、名称のみ明らかにされたブレーンワールド。
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー』で登場。詳細は侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!を参照。
リフレッシュホール
ヒューマンワールドとは異なる空間に存在する、正月にのみ開かれる癒しの空間。この空間の中では炎神たちはマシンワールド同様、本来の姿を保ち続けることができる。
古原靖久 片岡信和 逢沢りな 碓井将大 海老澤健次 徳山秀典 杉本有美 及川奈央

炎神戦隊ゴーオンジャー(2008) Cast Then and Now

Dx PR Operation Overdrive – SS Boukenger 轟轟戦隊ボウケンジャー


Như tôi đã từng chia sẽ trong các clip review về Dx của Boukenger , tôi thích Dx của Boukenger không vì dạng hợp thể , mà là thích vì các cổ máy riêng lẽ quá đẹp , quá chi tiết , màu sắc đẹp … Và … vì sao tôi không thích các mẫu Gattai của Boukenger ? Phần lớn các mẫu Gattai của Boukenger ko đẹp , ý của tôi ở đây không đẹp là về form người . Chứ chi tiết , màu sắc thì đẹp rồi .
Mẫu Gattai Daibouken : Như tôi đã có nói trong clip review riêng về nó ,form người ko chuẩn , tay nhỏ ngắn , khoảng cánh của chốt ráp tay với thân người khá dài , những điều này khiến cho Daibouken mất điểm trầm trọng trong mắt tôi
Link xem : https://www.youtube.com/watch?v=Cufli5ahkjo
Mẫu Gattai Daitanken : cũng trong clip review riêng về nó , mẫu này khá mập kết hợp với 1 tay mũi khoang , 1 tay máy xúc tạo thành thảm họa Gattai :v tuy nhiên các cổ máy riêng lẽ quá đẹp , quá chi tiết , mỗi cổ máy có một tính năng để chơi riêng khá thú vị .
Link xem : https://www.youtube.com/watch?v=BqwQO8BNU1c
Mẫu Daivoyager : từng cổ máy riêng lẽ ko đẹp , ko mang hình dáng cụ thể riêng biệt , gattai thô xấu . Dc dạng tàu mẫu hạm cực kỳ đẹp , cực kỳ hoành tráng , và … chi tiết , có động cơ có thể chạy dc …. Tức nhiên là chạy trên bờ nha :v
Link xem : https://www.youtube.com/watch?v=WkJz8U4pjUc
Mẫu Gattai Siren Builder không đẹp , tuy nhiên có tích hợp âm thanh ánh sáng . Mặc dù 2 cánh tay có cách ráp ko thể nào chán hơn ( xoay 2 cái đầu xe hơi thành 2 nắm tay ) nhưng phần thân người có cách ráp hay ( dù ko phải là độc nhất , vì trong quá khứ đã có dạng ráp kiểu này rồi )
Riêng mẫu hợp thể 10 cổ máy tạo thành Ultimate Daibouken , theo tôi đây là dạng hợp thể đẹp nhất của Boukenger , màu sắc thì khá nhiều như xanh lá , xanh dương , xanh tím , đỏ , đen , hồng , vàng … nhưng khi hợp thể lại với nhau , nó ko gây rối mắt . Cách ráp ko hay lắm nhưng cũng ko tệ , hợp thể từ 10 phần nhưng ko dư thừa 1 chi tiết nào nằm rời bên ngoài . Tuy nhiên , cá nhân tôi vẫn thích 1 mẫu Gattai có bàn tay hoàn chỉnh , hoặc là đầu của động vật . Chứ dạng tay mủi khoan , tay máy xúc thì tôi ko thích cho lắm , đó chỉ là ý thích cá nhân tôi thôi , chứ mẫu này vẫn là tuyệt vời nhé các bạn .

Dx PR Operation Overdrive - SS Boukenger 轟轟戦隊ボウケンジャー

In addition to viewing this topic, you can also access many other great comments here: View more waysMusic video

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *